子どもの虫歯予防、どうしていますか?親としては、できるだけ子どもに虫歯を作らないようにしてあげたいですよね。

 

毎日の歯磨き、おやつ、食事、いろいろと気を付けていることはあると思います。

 

虫歯菌って、親からうつるとも言うじゃないですか。生まれたての赤ちゃんの口の中に虫歯菌はないけれど、成長とともに虫歯菌が増えてくる、それは親からうつされている菌なのだ、みたいなの、聞いたことありませんか?

 

 

私は小さい頃から虫歯が多くて、成人してからも差し歯やらインプラントやら、歯にはたくさんお金をかけてきました。歯磨きも相当気を付けていますが、それでも虫歯になってしまいます。思い返してみると、私の母も祖母も虫歯の多い人で、祖母は40代の時に総入れ歯でした。


 

いろいろ苦労をしていると、自分の子どもには同じを思いをさせたくない、と思いますよね。

 

私も、このように歯で苦労はしてほしくないと思い、娘が赤ちゃんの頃から「口移しは絶対しない」「食器は共有しない」「ペットボトルはシェアしない」など、徹底してきました。

 

いろいろしてきた結果、8歳になる娘に虫歯は1本もありません。これからどうなるかはわかりませんが、とりあえず、私が今まで試してきたことや子供の虫歯予防に良いといわれていること、などまとめていきたいと思います。

 

口の中の悪玉菌が増えることで虫歯できていく

虫歯ができる原因として1番知られているのは、「歯磨きをしないこと」「甘いものを食べすぎている」ことなどですよね。

 

そうなんです。虫歯は、歯磨きをしなかったり、甘いものを食べすぎたときに、口の中にいる微生物がどんどん歯を溶かしていく病気です。

 

口の中には善玉菌と悪玉菌があり、悪玉菌の量が増えれば、その悪玉菌が砂糖を栄養源にして歯を溶かす「酸」を作り始めるのです。口の中でこの状態が続くと、この「酸」が歯を溶かして虫歯になるのです。

 

 

虫歯予防で大切なのは、この「悪玉菌」を増やさないことです。悪玉菌の栄養となる砂糖を含む甘いものはなるべく避け、歯垢が成熟する24時間毎には念入りに歯磨きをすることが虫歯予防への第一歩となります。

 

虫歯予防にできること

では、具体的に虫歯予防にどんなことができるか挙げていきましょう。

 

1. 毎日の生活習慣を見直す

歯磨きなど、毎日の生活で注意できることがあります。

歯磨きをしっかりとする

先ほど書いたように、歯垢は24時間で成熟します。24時間以上歯磨きをしないと、虫歯になるリスクがぐんと上がるので、食事の後、寝る前はしっかり歯磨きをする癖をつけましょう。ちなみに、歯ブラシは毛先が少しでも開いてきたら取り換える必要があります。

 

うちでは、1ヶ月に1度歯ブラシを取り換えていました。(子供用歯ブラシ30本とかバルクで大量買いすると結構安くすみます)

フロスや歯間ブラシを使う

これは歯医者さんで徹底してください、って言われています。子どもは歯に隙間ができやすく、どうしてもその歯と歯の間から虫歯になっていってしまうそうです。なかなかブラシで届かないところなので、フロスを使ってください、と毎回歯医者さんで言われています。

 

このフロスは大人がやってあげるようにしてください。うちでは3日に1回、フロスで仕上げています。(本当は毎日するのが理想なんですが、なかなか時間摂れなくて…反省)

甘いものは控える

甘いもの控えている方は多いんじゃないかな~、と思います。うちも5歳になるまではチョコレートやキャラメルは禁止にしていました。やはり、口の中に糖分が残ってしまうと、悪玉菌が増えて、虫歯ができやすい環境になってしまいます。可能な限り、甘いものは控えたほうが良いですよね。

ガムをかむ

これはちょっと衝撃だったんですが、ガムをかむことによって、唾液が出るので口の中を中和するんだそうです。悪玉菌が増えると、口の中が酸性になり歯が溶けていきますが、唾液はそれをストップすることができるんです。ちなみに、糖分の多いお菓子のようなガムではなく、糖分の少ない「キシリトール入り」がおすすめです。

2. プロの力を借りて虫歯予防

 

このような家でのケアも大切ですが、やはりプロの手は入れたほうが良いです。家では気が付かなかったこと、できないことがあるものです。歯医者さんで今までしてもらったケアはいろいろありました。

定期健診を受ける

定期健診では歯・歯茎の状態をチェックしてもらえます。虫歯になりそうな時も教えてもらえるので、とても助かりました。磨き残しなども教えてもらえ、家でどのようなケアをすればよいのか、気を付けることができます。

クリーニングをしてもらう

歯石があるようであれば、きれいにクリーニングをしてもらえます。これは家ではできないですよね。

フッ素を塗ってもらう

フッ素を塗ると虫歯になりにくいといわれていますよね。歯の質を強くする働きがあるので、たまに歯医者さんでフッ素を塗ってもらうのが良いですよ。

口の中の菌を検査してもらう

最初に歯医者さんにかかった時、口の中をの菌を検査してもらいました。例えば、虫歯菌といわれる菌がどのくらいあるのか、虫歯になりやすい環境なのか、そうでないのか、などを数字で見ることができたので、とても参考になりました。この検査は有料でしたが、なかなか面白いものでした。小児歯科ではやっているところも多いので、1度お口の中の菌の状態を見てみるのも良いと思いますよ。

シーラントを塗ってもらう

シーラントは乳歯や永久歯の溝をフッ素が入ったレジンと呼ばれる樹脂でコーティングすることです。噛み合わせの溝がなくなるので、食べかすやプラークが入り込むのを防ぐことができます。歯磨きもしやすくなるので、奥歯の虫歯予防にはおすすめです。うちは4本の奥歯をシーラントしています。

 

 

このように、歯医者さんでは家でできないケアをしてもらえるので、定期的に検診に行ってみるのは良いと思いますよ。

 

今は歯科医院の数が多くて、小児歯科に力を入れていることろも多いです。お客さんが集まるように、いろいろな検査なども揃えているんですよね。


3. 虫歯予防の「ブリス菌」を取り入れる

あと最近、子供用の虫歯予防として注目を集めているのが「ブリス菌」です。

 

ブリス菌は口の中にある何億という数の菌の中でも、虫歯菌を撃退できる菌です。このブリス菌は虫歯の少ない人の口の中に多く見られるという研究結果がでて、注目が集まりました。

 

虫歯の予防としても使える菌、すでに虫歯菌が多くいる口の中でも力を発揮できるという菌です。

ブリス菌の歯磨き粉、「ブリアン」が子供用虫歯予防として人気

 

この「ブリス菌」入った歯磨き粉、「ブリアン」が注目を集めています。うちも2歳頃から「ブリアン」を使い始めました。イチゴ味でおいしいから、子どもにも大好評でした。歯磨きを嫌がる子なんて、この「ブリアン」使ってみると、変わってくることもあるかな?って思います。

 

この「ブリアン」発売された時から知っているんですが、いろいろなところで取り上げられていますよね。1,000万包の販売を突破したそうです。。。すごい勢いですね。

 

私も使っていますが、わかる気がします。親としては、なるべく子供の虫歯になる確率を下げてあげたいですよね。それができるのが「ブリアン」なんですよ。

 

この「ブリアン」の特徴をまとめますね。

 

 

  • 虫歯をできにくくする善玉菌の「ブリス菌」が入っている
  • すすぎ不要・そのまま食べられるから、小さな子どもでもラクラク歯磨き
  • 子どもに人気、イチゴ味
  • 累計1,000万包突破
  • ひよこクラブなど、多くの雑誌・メディアに掲載
  • 食品成分100%で作られてているから安心

 

すすぎがいらないのが本当に楽で、最初は「こんな終わり方でいいの?」と思ったこともあったのですが、善玉菌が口の中に入っているからいいんですよね。

 

このブリアン、通常価格は8,424円と結構お値段高めなんで、買うのには躊躇するんですが、定期コースの場合はだいぶお得になります。

 

  • 初回は2,980円(送料600円)
  • 2回目も50%オフの4,200円
  • 3回目からはずっと3,800円で継続可能
  • 60日間の返金保証付き(合わなければ返品&返金可能)
  • オリジナル歯ブラシ・小皿プレゼント
  • 絵本「ブリアンは友達」lプレゼント

 

単品で買うのは結構高いので、うちでは定期コースで届けてもらっています。家や歯科医院でする歯のケアプラス、このブリアンで子供の虫歯予防していくと安心だと思います。

 

 

子どもの虫歯をそのままにしておくと・・・

子どもの歯は生え変わりますよね。離乳食が始まるころ、乳歯が生えてきて、2年ほどで生えそろいます。そして5歳頃からだんだんと永久歯に生え変わってきます。

 

乳歯が虫歯になってしまっても、永久歯が生え変わるからいいや・・・とそのままにしてしまうと、大変なことになってしまいます。

 

乳歯の虫歯がひどくなり、歯の根っこに膿がたまってしまうと、乳歯のすぐそばにある永久歯の成長を妨げ、永久歯が生えてこなかったり、永久歯が虫歯になって生えてくることもあります。

 

子どもが「歯が痛い」や「食べ物を噛めない」という状況が続けば、子どもの心と体の発達にも影響が出てきてしまいます。近年、子どもの虫歯は少なくなっているといいわれていますが、このように重症化している虫歯が減らないもの社会問題の一つとして挙げられています。

 

子どもの健康を維持するためにも、健康な歯の維持は大切です。まずは家で虫歯予防のケアをしっかり行い、定期的にプロの目に見てもらってください。家でのケアに「ブリアン」のような虫歯菌を減らすような歯磨き粉を使えれば心強いですよね。